巨大数研究 Wiki
Advertisement
構文解析に失敗 (不明な関数「\newcommand」): {\displaystyle \newcommand{\ordinarycolon}{:} \newcommand{\vcentcolon}{\mathrel{\mathop\ordinarycolon}} \newcommand{\coloneqq}{\vcentcolon\mathrel{\mkern-1.2mu}=} \newcommand{\nil}{[\mkern3.0mu]} \newcommand{\cons}{\vcentcolon\mathrel{\mkern-1.2mu}\vcentcolon} \newcommand{\append}{\mathrel{{+}\mkern-3.0mu{+}}} }

親記事はユーザーブログ:Hexirp/Y数列 Hexirp 版である。


Y数列 Hexirp 版 1.1 は Hexirp 版 1.0 の冒頭で予告されていた、ずれるかどうか(上昇するかどうか)の判定方法を理想へ近づけたものである。その他にも清書を行っている。

中核となる変更は「DPN形式の展開」の a が単純化されたことである。この変更で (1,2,4,8,10,8) の展開が一致するようになるはずである。しかし、同時に (1,2,4,8,9,8) が壊れるかもしれない。

型とパターン

数列は自然数のリストである。DPN形式は D, P, N のタプルのリストである。リストは何らかの列である。リストは添字が 0 から始まるが、特別に数列とDPN形式だけは添字が 1 から始まる。数列は丸括弧とコンマで表され、DPN形式は行列で表され、リストは角括弧とコンマで表される。いずれも基本構造は 構文解析に失敗 (不明な関数「\cons」): {\displaystyle \_ \cons \_, \nil } である。

数列やDPN形式に関係して現れる 0 は何らかの例外を示す。リストに関係して現れる 0 はそうでない。例えば、親のインデックスの 0 は親が計算できないことを示す。また、階差が 0 になるのはこれ以上階差が計算できないことを示す。深さが 0 になることはない。

一般的な表記

ゼロを含まない自然数全体の集合は以下のように表記する。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathbb{N} ^ + & = & \{ x \in \mathbb{N} \mid x \neq 0 \} \\ \end{eqnarray*} }

再帰により減少および増加していく引数の増減には以下のような表記を使う。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} x ^ - & = & x - 1 \\ x ^ + & = & x + 1 \\ \end{eqnarray*} }

数列に関する表記は以下のようになる。特に添字が 1 始まりだということが重要である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} X _ S & = & \mathrm{length} ( S ) \\ S & = & ( S _ 1, S _ 2, \ldots, S _ { X _ S } ) \\ \end{eqnarray*} }

リストに関する表記は以下のようになる。特に添字が 0 始まりだということが重要である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} [ x _ 0, x _ 1, \ldots, x _ n ] & = & x _ 0 \cons x _ 1 \cons \cdots \cons x _ n \cons \nil \\ \end{eqnarray*} }

DPN形式に関する表記は以下のようになる。特に添字が 1 始まりだということが重要である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} X _ Z & = & \mathrm{length} ( Z ) \\ Z & \coloneqq & \left ( \begin{array}{cccc} Z _ { 1, 1 } & Z _ { 1, 2 } & \cdots & Z _ { 1, X _ Z } \\ Z _ { 2, 1 } & Z _ { 2, 2 } & \cdots & Z _ { 2, X _ Z } \\ Z _ { 3, 1 } & Z _ { 3, 2 } & \cdots & Z _ { 3, X _ Z } \\ \end{array} \right ) \\ \end{eqnarray*} }

リストに関する汎用関数は以下の通りである。その他にも などを使っているが、これらの意味は Haskell の同名関数を参照してほしい。

ここだけの関数である idx (index) はリストの要素へ 0 始まりの添字でアクセスする。そして、要素がもうないときはエラーにならず最後の要素を返す。この関数はもっぱらDPN形式のP、つまり親のリストから全ての深さでの親を復元するために使われる。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathrm{idx} ( p, n ) & \coloneqq & \begin{cases} p _ a & ( p = p _ a \cons \nil ) \\ p _ a & ( p = p _ a \cons p _ b \cons p _ s \land n = 0 ) \\ \mathrm{idx} ( p _ b \cons p _ s, n ^ - ) & ( p = p _ a \cons p _ b \cons p _ s \land n > 0 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

数列からDPN形式への変換

この節が提供する関数は以下の通りである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} c ( S ) & \coloneqq & c _ S \\ v ( S ) & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda x \ldotp ( d _ S ( x ), p _ S ( x ), n _ S ( x ) ), \mathrm{enumFromTo} ( 1, X _ S ) ) \\ \end{eqnarray*} }

数列から山への展開は以下の関数で記述される。 D (Difference) は階差を記述し、 P (Parent) はそれらの親を記述する。親を決定する際、バシク行列システムのバージョン 4 と同じように Upper-branch ignoring モデルを使う。その決定に必要になるため Anc (Ancestor) が補助関数として用意されている。ちなみに私が言う山とは、ここの D と P の値全体である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} D _ S ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} S _ x & ( n = 1 ) \\ 0 & ( n > 1 \land P _ S ( x, n ^ - ) = 0 ) \\ D _ S ( x, n ^ - ) - D _ S ( P _ S ( x, n ^ - ), n ^ - ) & ( n > 1 \land P _ S ( x, n ^ - ) > 0 ) \\ \end{cases} \\ P _ S ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} 0 & ( n = 1 \land D _ S ( x, n ) = 1 ) \\ \max \{ p \in \mathbb{N} ^ + \mid p < x \land D _ S ( p, n ) < D _ S ( x, n ) \} & ( n = 1 \land D _ S ( x, n ) > 1 ) \\ 0 & ( n > 1 \land D _ S ( x, n ) = 0 ) \\ \max \{ p \in \mathbb{N} ^ + \mid p < x \land D _ S ( p, n ) < D _ S ( x, n ) \land p \in \mathrm{Anc} _ S ( x, n ^ - ) \} & ( n > 1 \land D _ S ( x, n ) > 0 ) \\ \end{cases} \\ \mathrm{Anc} _ S ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} \emptyset & ( x = 0 ) \\ \{ x \} \cup \mathrm{Anc} _ S ( P _ S ( x, n ), n ) & ( x > 0 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

山からDPN形式への圧縮は次の通りである。余談だが、検討しなおすと圧縮よりも切り出しの方が正確なような気がする。とはいえ、可逆な操作ではあるので圧縮のままにしておく。

第一に、どの深さで圧縮するか定める。 T はカットする部分の中で最も深いゼロではない要素の深さである。 c は T の要素の値であり、これが数列のクラスである。 t は圧縮する深さである。ここで c が 1 だと T - 1 になるが、それ以外ではそのままである。ここは (1,2,4,8) などを展開しようとするときに深さを 1 つ減らさないとできなかったため、こうなった。このような定義が必要なのは横へ展開するか斜めへ展開するかの違いが原因だと私は見ている。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} T _ S & \coloneqq & \max \{ n \in \mathbb{N} ^ + \mid D _ S ( X _ S, n ) > 0 \} \\ c _ S & \coloneqq & D _ S ( X _ S, T _ S ) \\ t _ S & \coloneqq & \begin{cases} T _ S - 1 & ( c _ S = 1 ) \\ T _ S & ( c _ S > 1 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

第二に、どこからどこまで親のデータを保存するか決める。さっきもちらっと触れたが、「親が変化し始めてから上限の深さに到達するまでの親」が範囲である。ここで上限の深さとは n である。 u は親が変化し始めた箇所である。最後に m は親を保存し始める深さである。補助関数として親が存在する最も深い深さを返す btm が用意されている。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} m _ S ( x ) & \coloneqq & \min ( n _ S ( x ), u _ S ( x ) ) \\ u _ S ( x ) & \coloneqq & \max \{ n \in \mathbb{N} ^ + \mid P _ S ( x, 1 ) = P _ S ( x, n ) \land n \le \mathrm{btm} _ S ( x ) \} \\ \mathrm{btm} _ S ( x ) & \coloneqq & \max \{ n \in \mathbb{N} ^ + \mid D _ S ( x, n ) > 0 \} \\ \end{eqnarray*} }

第三に、DPN形式を構築する。 d ( x ) は n での D である。 p は m から n までの P のリストである。これらの定義に使われていることから分かるように n は重要な値である。この段階での n は上限の深さであり、どのくらい深く潜れるか (btm) と展開の深さ (t) を合わせて決定される。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} d _ S ( x ) & \coloneqq & D _ S ( x, n _ S ( x ) ) \\ p _ S ( x ) & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda v \ldotp P _ S ( x, v ), \mathrm{enumFromTo} ( m _ S ( x ), n _ S ( x ) ) ) \\ n _ S ( x ) & \coloneqq & \min ( t _ S, \mathrm{btm} _ S ( x ) ) \\ \end{eqnarray*} }

最終的に、以下のようにしてDPN形式を構築する。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} c & \coloneqq & c _ S \\ Z & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda x \ldotp ( d _ S ( x ), p _ S ( x ), n _ S ( x ) ), \mathrm{enumFromTo} ( 1, X _ S ) ) \\ \end{eqnarray*} }

DPN形式の展開

この節が提供する関数は以下の通りである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} e ( Z, c, n ) & \coloneqq & \begin{cases} G _ Z \append \mathrm{concat} ( \mathrm{map} ( \lambda m \ldotp B _ Z ( m ), \mathrm{enumFromTo} ( 0, n ) ) & ( c = 1 ) \\ \mathrm{undefined} & ( c > 1 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

DPN形式の展開はクラス 1 に対するものだけ完成している。そのため、クラス n に関する定義は存在せず、ここではクラスが 1 であると仮定している。

d, p, n はそれぞれ対応する要素へのアクセス関数である。のちの b, q, m という関数と対になっている。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} d _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 1, x } \\ p _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 2, x } \\ n _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 3, x } \\ \end{eqnarray*} }

R は分割する位置で G は良い部分で B は悪い部分で C は切り落とされる要素である。クラスが 1 よりも大きいときは、ここに変化が生じるが、まだ構想段階のため語らないでおく。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} R _ Z & \coloneqq & \mathrm{last} ( p _ Z ( X _ Z ) ) \\ G _ Z & \coloneqq & \left ( \begin{array}{cccc} Z _ { 1, 1 } & Z _ { 1, 2 } & \cdots & Z _ { 1, R _ Z - 1 } \\ Z _ { 2, 1 } & Z _ { 2, 2 } & \cdots & Z _ { 2, R _ Z - 1 } \\ Z _ { 3, 1 } & Z _ { 3, 2 } & \cdots & Z _ { 3, R _ Z - 1 } \\ \end{array} \right ) \\ B _ Z & \coloneqq & \left ( \begin{array}{cccc} Z _ { 1, R _ Z - 1 + 1 } & Z _ { 1, R _ Z - 1 + 2 } & \cdots & Z _ { 1, X _ Z - 1 } \\ Z _ { 2, R _ Z - 1 + 1 } & Z _ { 2, R _ Z - 1 + 2 } & \cdots & Z _ { 2, X _ Z - 1 } \\ Z _ { 3, R _ Z - 1 + 1 } & Z _ { 3, R _ Z - 1 + 2 } & \cdots & Z _ { 3, X _ Z - 1 } \\ \end{array} \right ) \\ C _ Z & \coloneqq & \left ( \begin{array}{c} Z _ { 1, X _ Z } \\ Z _ { 2, X _ Z } \\ Z _ { 3, X _ Z } \\ \end{array} \right ) \\ \end{eqnarray*} }

pnt (parent) は親の情報を全て復元する。そのデータを使って anc (ancestor) は祖先を計算する。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathrm{pnt} _ Z ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} \mathrm{idx} ( \mathrm{reverse} ( p _ Z ( x ) ), n _ Z ( x ) - n ) & ( n \leq n _ Z ( x ) ) \\ 0 & ( n > n _ Z ( x ) ) \\ \end{cases} \\ \mathrm{anc} _ Z ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} \emptyset & ( x = 0 ) \\ \{ x \} \cup \mathrm{anc} _ Z ( \mathrm{pnt} _ Z ( x, n ), n ) & ( x > 0 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

ここで本来であればクラスによる分岐がある。この分岐を纏める関数が二つあり、それは r と e である。しかしながら、ここではクラス 1 だけ取り扱うため分岐がなくなっている。

r はクラス 1 では意味を持たないが、それ以上では大きな意味を持つようになる。重要なのが、展開された後のDPN形式の行列の長さ に等しいということである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} r _ Z & \coloneqq & R _ Z \\ \end{eqnarray*} }

δ はコピーされる部分の長さであり、主に親を参照するインデックスがどれだけずれる(上昇する)かを決めるのが役割である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \delta _ Z & \coloneqq & X _ Z - r _ Z \\ \end{eqnarray*} }

関数 a は位置 y を取って親がずれるかどうかを決める。もし、深さ 1 において先祖を辿って行って bad root に行き着くならば一緒にずれる。そうでないならば、ずれない。

ここで位置を表すのに y を使っているのは、全体の位置が x で表されるのと違い bad part の内部の位置を表すからである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} a _ Z ( y ) & \coloneqq & \begin{cases} 1 & ( r _ Z \in \mathrm{anc} _ Z ( r _ Z - 1 + y, 1 ) ) \\ 0 & ( r _ Z \notin \mathrm{anc} _ Z ( r _ Z - 1 + y, 1 ) ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

bas (base) はコピーされた bad part の基本の親を決める。これが必要なのは接ぎ木があるからである。この接ぎ木というのは、コピーされた bad part は一番最初の要素の親がカットされた要素の親で上書きされる現象につけた名称である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathrm{bas} _ Z ( y ) & \coloneqq & \begin{cases} p _ Z ( X _ Z ) & ( y = 1 ) \\ p _ Z ( r _ Z - 1 + y ) & ( y > 1 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

ris (rising) は親をずらしていく部分。引数の m はコピーされた行列の中で 1 始まりで何番目かで y はコピーされた行列で 1 始まりで何番目かで p は親のデータ群である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathrm{rising} _ Z ( m, y, p ) & \coloneqq & p + m \times \delta _ Z \times a _ Z ( y ) \\ \mathrm{ris} _ Z ( m, y, p ) & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda p _ e \ldotp \mathrm{rising} _ Z ( m, y, p _ e ), p ) \\ \end{eqnarray*} }

b, q は普通のコピペ。 q は bas で接ぎ木している関係上、先頭のところだけ m が一つずれる。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} b _ Z ( m, y ) & \coloneqq & d _ Z ( r _ Z - 1 + y ) \\ q _ Z ( m, y ) & \coloneqq & \begin{cases} \mathrm{ris} _ Z ( m - 1, y, \mathrm{bas} _ Z ( y ) ) & ( y = 1 ) \\ \mathrm{ris} _ Z ( m, y, \mathrm{bas} _ Z ( y ) ) & ( y > 1 ) \\ \end{cases} \\ m _ Z ( m, y ) & \coloneqq & n _ Z ( r _ Z - 1 + y ) \\ \end{eqnarray*} }

B は、コピーされた悪い部分である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} B _ Z ( m ) & \coloneqq & \begin{cases} B _ Z & ( c = 0 ) \\ \mathrm{map} ( \lambda y \ldotp ( b _ Z ( m, y ), q _ Z ( m, y ), m _ Z ( m, y ) ), \mathrm{enumFromTo} ( 1, \delta _ Z ) ) & ( c > 0 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

最終的に、全体の展開は以下のようになる。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} Z' & \coloneqq & \begin{cases} G _ Z \append \mathrm{concat} ( \mathrm{map} ( \lambda m \ldotp B _ Z ( m ), \mathrm{enumFromTo} ( 0, n ) ) & ( c = 1 ) \\ \mathrm{undefined} & ( c > 1 ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

DPN形式から数列への変換

この節が提供する関数は以下の通りである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} u ( Z ) & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda x \ldotp D _ Z ( x, 1 ), \mathrm{enumFromTo} ( 1, X _ Z ) ) \\ \end{eqnarray*} }

DPN形式から山への解凍はこのようになっている。

d, p, n はそれぞれ対応する要素へのアクセス関数である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} d _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 1, x } \\ p _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 2, x } \\ n _ Z ( x ) & \coloneqq & Z _ { 3, x } \\ \end{eqnarray*} }

D, P は山を作り直す関数である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} D _ Z ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} P _ Z ( x, n ^ + ) + D _ Z ( P _ Z ( x, n ), n ) & ( n < n _ Z ( x ) ) \\ d _ Z ( x ) & ( n = n _ Z ( x ) ) \\ 0 & ( n > n _ Z ( x ) ) \\ \end{cases} \\ P _ Z ( x, n ) & \coloneqq & \begin{cases} \mathrm{idx} ( \mathrm{reverse} ( d _ Z ( x ) ), n _ Z ( x ) - n ) & ( n \leq n _ Z ( x ) ) \\ 0 & ( n > n _ Z ( x ) ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

山から数列への変換は深さが 1 の部分を取り出すだけである。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} S & \coloneqq & \mathrm{map} ( \lambda x \ldotp D _ Z ( x, 1 ), \mathrm{enumFromTo} ( 1, X _ Z ) ) \\ \end{eqnarray*} }

まとめ

上の三つの節から提供された関数を用いて全体の定義を記述する。

前提として、数列を分割する三つの集合は以下のように定義する。

  • である。
  • である。
  • である。

まず、数列 と自然数 に対する関数として を定義する。ただし、ここでは である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} S [ n ] & \coloneqq & u ( e ( v ( S ), c ( S ), n ) ) \\ \end{eqnarray*} }

次に、後者関数 を定義する。ただし、ここでは である。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} \mathrm{pred} ( S ) & \coloneqq & ( S _ 1, S _ 2, \ldots, S _ { X _ S - 1 } ) \\ \end{eqnarray*} }

最後に、表記 を展開の繰り返しとして定義する。

構文解析に失敗 (構文エラー): {\displaystyle \begin{eqnarray*} S { [ n ] } ' & \coloneqq & \begin{cases} n & ( S \in \mathrm{O} ) \\ ( \mathrm{pred} ( S ) ) { [ n + 1 ] } ' & ( S \in \mathrm{S} ) \\ ( S [ n ] ) { [ n + 1 ] } ' & ( S \in \mathrm{L} ) \\ \end{cases} \\ \end{eqnarray*} }

Advertisement