巨大数研究 Wiki
Advertisement

指摘された箇所と、どのような修正が必要になるのかをメモ。

  • 「いかなる再帰的理論でもビジービーバー関数の全域性を証明することができません」(p.241)は誤り。その前後の説明も見直しが必要。
  • 計算不可能関数のFGHによる近似はなくする。そのかわりに、ふぃっしゅ数バージョン4は「ふぃっしゅ関数バージョン4はω^(ω+1)*63次ビジービーバー関数程度の増加速度である」といったような表現を使う。
  • 無限時間チューリングマシンについては、とりマセブログを引用すれば紹介できる。
  • ACA_0がペアノ算術と同じ強さ、Z_2+PDとZFCとn-Woodin基数の証明力が同じ、など不正確な記述(proof-theoretic strengthという用語の勘違い?)
Advertisement