巨大数研究 Wiki
Advertisement

小ヴェブレン順序数(SVO)とは多変数ヴェブレン関数ヴァイアーマンのϑ関数を用いて表される次のような列の極限となる順序数である:

\[\varphi(1,0,0) = \vartheta(\Omega^2) = \Gamma_0\]

\[\varphi(1,0,0,0) = \vartheta(\Omega^3)\]

\[\varphi(1,0,0,0,0) = \vartheta(\Omega^4)\]

\[\varphi(1,0,0,0,0,0) = \vartheta(\Omega^5)\]

\[\ldots\]

また、これはBEAFを使って\(\{\omega, \omega (1) 2\} = \omega\&\omega\)とも表されることがあるが、順序数を引数に持つBEAFは定義されておらず、また順序数を用いずにBEAFの有効な表記と想定される表記に直したとしてもその領域まではBEAFは定義されていないため、厳密な意味を持たない表示である。

Advertisement