巨大数研究 Wiki
Advertisement

爆轟 (Detonation) は、BEAFによって \(a \{\{\{\{\{1\}\}\}\}\} b = \{a,b,1,4\}\) と書かれる関数である[1]

急増加関数では、\(f_{\omega \times 3+1}(n)\) が爆轟の増加速度となる。

語源

爆轟とは、気体の熱膨張速度が音速を超えて、衝撃波を出しながら燃焼することである。{}の数が増えるごとに、膨張爆発、そして爆轟と、激しくなる。

出典

Advertisement