巨大数研究 Wiki
Advertisement

このページはSbiis Saibianによって定義された巨大数の一覧(アルファベット順)です。

デカエクサクシス

デカエクサクシス(deka-exaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#1#10と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^5 10\)と表わせる。

デカペタクシス

デカペタクシス(deka-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#10と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 10\)と表わせる。

デカテラクシス

デカテラクシス(deka-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#10と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 10\)と表わせる。

エセトンデックス

エセトンデックス (ecetondex) はハイパーE表記を用いてE303#1#2= E303#(E303) = EE...EE303 (10303 個のE) = 101010...10303 (10303 個の10) と表せる数である。[1]

エセトンデュデックス

エセトンデュデックス (ecetondudex) はハイパーE表記を用いてE303#1#3 = E303#(E303#1#2) = EE...EE303 (エセトンデックス 個のE) = 101010...10303 (エセトンデックス個の10) と表せる数である。[1]

エセトンデュヘプテックス

エセトンデュヘプテックス (ecetonduheptex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#1#3 と表せる数である。[1]

エセトンデュヘックス

エセトンデュヘックス (ecetonduhex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#3 と表せる数である。[1]

エセトンデュオクテックス

エセトンデュオクテックス (ecetonduoctex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#1#1#3 と表せる数である。[1]

エセトンデュペンテックス

エセトンデュペンテックス (ecetondupentex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#3 と表せる数である。[1]

エセトンデュプレックス

Ecetonduplex.jpg

エセトンデュプレックス(Ecetonduplex)(またはエセトンプレックスプレックス(Ecetonplexplex))はハイパーE表記で E303#3 = EEE303 = 101010303である。[1]

エセトンデュテトレックス

エセトンデュテトレックス (ecetondutetrex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#3 と表せる数である。[1]

エセトンデュスレックス

エセトンデュスレックス (ecetonduthrex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#3と表せる数である。[1]

エセトンオクテックス

エセトンオクテックス (ecetonoctex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#1#1#2 と表せる数である。[1]

エセトンクアドリデックス

エセトンクアドリデックス(Ecetonquadridex) はハイパーE表記を用いてE303#1#5 = E303#(E303#1#4) = EE...EE303 (エセトントリデックス 個のE) = 101010...10303 (エセトントリデックス個の10) と表せる数である[1]

エセトンクアドリプレックス

Ecetonquadriplex.jpg

エセトンクアドリプレックス(Ecetonquadriplex)はハイパーE表記を使ってE303#5で表される数である。[1]



エセトンクインプレックス

Ecetonquinplex.jpg

エセトンクインプレックス (ecetonquintiplex) とは、ハイパーE表記でE303#6と表される数である。[1]




エセトンクインティデックス

エセトンクインティデックス(Ecetonquintidex)はハイパーE表記を用いてE303#1#6 = E303#(E303#1#5) = EE...EE303 (エセトンクアドリデックス 個のE) = 101010...10303 (エセトンクアドリデックス個の10) と表せる数である。[1]

エセトンテトレックス

エセトンテトレックス (ecetontetrex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#2 と表せる数である。[1]

エセトンスレックス

エセトンスレックス (ecetonthrex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#2と表せる数である。[1]

エセトントリデックス

エセトントリデックス (ecetontridex) はハイパーE表記を用いてE303#1#4 = E303#(E303#1#3) = EE...EE303 (エセトンデュデックス 個のE) = 101010...10303 (エセトンデュデックス個の10) と表せる数である。[1]

エセトントリプレックス

Ecetontriplex.jpg

エセトントリプレックス (ecetontriplex) はハイパーE表記でE303#4である。[1]Sbiis Saibianによって命名された。




エセトンプレックス

Ecetonplex.jpg

エセトンプレックス (ecetonplex) はハイパーE表記で E303#2 = EE303 = 1010303と等しい。[1]この数は1の後にセンティリオン このゼロがつく数である。この数はグーゴルプレックスより大きく、実際、グーゴルプレックスのグーゴル乗より大きい。 (1010100)10100 = 1010200


エセトンヘックス

エセトンヘックス (ecetonhex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#2 と表せる数である。[1]この数はSbiis Saibianによって名付けられた。

エセトンヘプテックス

エセトンヘプテックス (ecetonheptex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#1#1#2 と表せる数である。[1]この数はSbiis Saibianによって名付けられた。

エセトンペンテックス

エセトンペンテックス (ecetonpentex) はハイパーE表記を用いてE303#1#1#1#1#2 と表せる数である。[1]この数はSbiis Saibianによって名付けられた。

エンナペタクシス

エンナペタクシス(enna-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#9と表せる数である。[1]

エンナテラクシス

エンナテラクシス(enna-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#9と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 5\)と表わせる。

ギガンゴル

ギガンゴル(gigangol)はハイパーE表記を用いてE100#100#100#100と表せる数である。[1]

ギガンゴルゴング

ギガンゴルゴング(gigangolgong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000#100,000と表せる数である。[1]

ギガンゴルデュテトレックス

ギガンゴルデュテトレックス(gigangoldutetrex)はハイパーE表記を用いてE100#100#100#100#3と表せる数である。[1]

ギガンゴルデュテトレックシゴング

ギガンゴルデュテトレックシゴング(gigangoldutetrexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000#100,000#3と表せる数である。[1]

ギガンゴルテトレックス

ギガンゴルテトレックス(gigangoltetrex)はハイパーE表記を用いてE100#100#100#100#2と表せる数である。[1]

ギガンゴルテトレックシゴング

ギガンゴルテトレックシゴング(gigangoltetrexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000#100,000#2と表せる数である。[1]

ギゴルゴング

ギゴルゴング(giggolgong)はハイパーE表記を用いてE1#1000000と表せる数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \(10 \uparrow\uparrow 100000\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 100000 \rightarrow 2\) (正確な値)
BEAF \(\{10,100000,2\}\) (正確な値)
急増加関数 \(f_3(99999)\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^2) 99999}(28)\)
緩増加関数 \(g_{\varepsilon_0}(100000)\)

グーゴルデックス

グーゴルデックス(googoldex)はハイパーE表記を用いてE100#1#2と表せる数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \(57 \uparrow\uparrow (10 \uparrow 100+1)\)
チェーン表記 \(57 \rightarrow ((10 \rightarrow 100 )+1) \rightarrow 2\)
BEAF \(\{ 57,10 \{10,100\} + 1,2 \}\)
急増加関数 \(f_3(10^{100})\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^3}(10^{100})\)
緩増加関数 \(g_{\varepsilon_0}(10^{100})\)

グーゴルデクシデュプレックス

グーゴルデクシデュプレックス(googoldexiduplex)はハイパーE表記を用いてE(E100#1#2)#2と表せる数である。[1]

グーゴルデクシプレックス

グーゴルデクシプレックス(googoldexiplex)はハイパーE表記を用いてE(E100#1#2)と表せる数である。[1]

グーゴルノニプレクシデックス

グーゴルノニプレクシデックス(googolnoniplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#10#2と表せる数である。[1]

グーゴルデュプレクシデックス

グーゴルデュプレクシデックス(googolduplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#3#2と表せる数である。[1]

グーゴルオクティプレクシデックス

グーゴルオクティプレクシデックス(googoloctiplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#9#2と表せる数である。[1]

グーゴルプレクシデックス

グーゴルプレクシデックス(googolplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#2#2と表せる数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \(10\uparrow\uparrow (10\uparrow 10\uparrow 100)\)
チェーン表記 \(10 \rightarrow (10 \rightarrow (10 \rightarrow 100) ) \rightarrow 2\)
BEAF \(\{ 10, \{ 10,100 \} ,2 \}\)
急増加関数 \(f_3(f_2^2(324))\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^3 + {\omega^2} \times 2}(324)\)
緩増加関数 \(g_{\varepsilon_{\omega^{\omega^{\omega^2} } } }(10)\)

グーゴルプレクシデクシデュプレックス

グーゴルプレクシデクシデュプレックス(googolplexidexiduplex)はハイパーE表記を用いてE100#(2+E100#2)と表せる数である。[1]

グーゴルプレクシデクシプレックス

グーゴルプレクシデクシプレックス(googolplexidexiplex)はハイパーE表記を用いてE100#(1+E100#2)と表せる数である。[1]

グーゴルクアドリプレクシデックス

グーゴルクアドリプレクシデックス(googolquadriplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#5#2と表せる数である。[1]

グーゴルクインティプレクシデックス

グーゴルクインティプレクシデックス(googolquintiplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#5#2と表せる数である。[1]

グーゴルセプティプレクシデックス

グーゴルセプティプレクシデックス(googolseptiplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#8#2と表せる数である。[1]

グーゴルセクスティプレクシデックス

グーゴルセクスティプレクシデックス(googolsextiplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#7#2と表せる数である。[1]

グーゴルトリプレクシデックス

グーゴルトリプレクシデックス(googoltriplexidex)はハイパーE表記を用いてE100#4#2と表せる数である。[1]

グランゴル

グランゴル(grangol)はハイパーE表記を用いてE100#100と表せる数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \({(10 \uparrow )}^{101} 2\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 101 \rightarrow 2\)
BEAF \(\{10,101,2\}\)
急増加関数 \(f_3(101)\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^{3}}(101)\)
緩増加関数 \(g_{\varepsilon_0}(101)\)


グランゴルデックス

グランゴルデックス(grangoldex)はハイパーE表記を用いてE100#100#2と表せる数である。[1]

グランゴルデクシゴング

グランゴルデクシゴング(grangoldexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#2と表せる数である。[1]

グランゴルデュデックス

グランゴルデュデックス(grangoldudex)はハイパーE表記を用いてE100#100#3と表せる数である。[1]

グランゴルデュデクシゴング

グランゴルデュデクシゴング(grangoldudexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#3と表せる数である。[1]

グランゴルゴング

グランゴルゴング(grangolgong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000と表せる数である。[1]

グランゴルプレックス

グランゴルプレックス(grangolplex)はハイパーE表記を用いてE100#101と表せる数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \({(10 \uparrow )}^{102} 2\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 102 \rightarrow 2\)
BEAF \(\{10,102,2\}\)
急増加関数 \(f_3(102)\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^{3}}(102)\)
緩増加関数 \(g_{\varepsilon_0}(102)\)


グランゴルクアドリデックス

グランゴルクアドリデックス(grangolquadridex)はハイパーE表記を用いてE100#100#5と表せる数である。[1]

グランゴルクアドリデクシゴング

グランゴルクアドリデクシゴング(grangolquadridexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#5と表せる数である。[1]

グランゴルクインティデックス

グランゴルクインティデックス(grangolquintidex)はハイパーE表記を用いてE100#100#6と表せる数である。[1]

グランゴルクインティデクシゴング

グランゴルクインティデクシゴング(grangolquintidexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#6と表せる数である。[1]

グランゴルトリデックス

グランゴルトリデックス(grangoltridex)はハイパーE表記を用いてE100#100#4と表せる数である。[1]

グランゴルトリデクシゴング

グランゴルトリデクシゴング(grangoltridexigong)はハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#4と表せる数である。[1]

グレーゴル

グレーゴル(greagol)は、ハイパーE表記を用いてE100#100#100と表せる数である。[1]

グレーゴルスレックス

グレーゴルスレックス(greagolthrex)は、ハイパーE表記を用いてE100#100#100#2と表せる数である。[1]

グレーゴルスレクシゴング

グレーゴルスレクシゴング(greagolthrexigong)は、ハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000#2と表せる数である。[1]

グレーゴルデュスレックス

グレーゴルデュスレックス(greagolduthrex)は、ハイパーE表記を用いてE100#100#100#3と表せる数である。[1]

グレーゴルデュスレクシゴング

グレーゴルデュスレクシゴング(greagolduthrexigong)は、ハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000#3と表せる数である。[1]

グレーゴルゴング

グレーゴルゴング(greagolgong)は、ハイパーE表記を用いてE100,000#100,000#100,000と表せる数である。[1]

ヘクタエクサクシス

ヘクタエクサクシス(hecta-exaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#1#100と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^5 100\)と表わせる。

ヘクタペタクシス

ヘクタペタクシス(hecta-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#100と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 100\)と表わせる。

ヘクタテラクシス

ヘクタテラクシス(hecta-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#100と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 100\)と表わせる。

ヘクセルガサー

ヘクセルガサー (hexaelgathor)は連鎖E表記を用いてE100#^#^######100と表せる数である。[1]

表記 近似
BEAF \(\{100,100 (0,0,0,0,0,0,1) 2\}\)
バードの配列表記 \(\{100,100 [1,1,1,1,1,1,2] 2\}\)
超階乗配列表記 \(100![1,[1,[1,1,7],1,2],1,3]\)
ふぃっしゅ関数バージョン5 \(F_5(6)\)
原始数列 (0,1,2,3,4,4,4,4,4,4)[10]
急増加関数 \(f_{\omega^{\omega^{\omega^6}}}(100)\)
ハーディー階層 \(H_{\omega^{\omega^{\omega^{\omega^6}}}}(100)\)
緩成長階層 \(g_{\vartheta(\Omega^{\Omega^{(\Omega^5)\omega}})}(100)\)

ヘプタペタクシス

ヘプタペタクシス(hepta-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#7と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 7\)と表わせる。

ヘプタテラクシス

ヘプタテラクシス(hepta-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#7と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 7\)と表わせる。

ヘキサペタクシス

ヘキサペタクシス(hexa-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#6と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 6\)と表わせる。

ヘキサテラクシス

ヘキサテラクシス(hexa-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#6と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 6\)と表わせる。

アイコサログ

アイコサログ (icosalogue)は10に20をテトレーションした数である。[1]

表記 近似
矢印表記 \(10 \uparrow\uparrow 20\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 20 \rightarrow 2\) (正確な値)
BEAF \(\{10,20,2\}\) (正確な値)
急増加関数 \(f_3(19)\)

オクタペタクシス

トリアペタクシス(octa-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#8と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 8\)と表わせる。

オクタテラクシス

オクタテラクシス(octa-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#8と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 8\)と表わせる。

ペンタペタクシス

ペンタペタクシス(penta-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#5と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 5\)と表わせる。

ペンタテラクシス

ペンタテラクシス(penta-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#5と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 5\)と表わせる。

テトラエクサクシス

テトラエクサクシス(tetra-exaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#1#4と表せる数である。[1]

記法 近似
矢印表記 \(10 {\uparrow}^6 4\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 4 \rightarrow 6\) (正確な値)
BEAF \(\{10,4,6\}\) (正確な値)
超階乗配列表記 \(6!4\)
急増加関数 \(f_6(4)\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^6) 4}(10)\)
緩増加関数 \(g_{\varphi(4,0)}(4)\)

テトラペタクシス

テトラペタクシス(tetra-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#4と表せる数である。[1]

記法 近似
矢印表記 \(10 {\uparrow}^4 4\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 4 \rightarrow 4\) (正確な値)
BEAF \(\{10,4,4\}\) (正確な値)
超階乗配列表記 \(6!3\)
急増加関数 \(f_5(4)\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^5) 4}(10)\)
緩増加関数 \(g_{\varphi(3,0)}(4)\)

テトラテラクシス

テトラテラクシス(tetra-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#4と表せる数である。[1]

記法 近似
矢印表記 \(10 \uparrow\uparrow\uparrow 4\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 4 \rightarrow 3\) (正確な値)
BEAF \(\{10,4,3\}\) (正確な値)
超階乗配列表記 \(6!2\)
急増加関数 \(f_4(4)\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^4) 4}(10)\)
緩増加関数 \(g_{\zeta_0}(4)\)

トリアエクサクシス

トリアエクサクシス(tria-exaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#1#3と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^5 3\)と表わせる。

トリアペタクシス

トリアペタクシス(tria-petaksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#1#3と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 {\uparrow}^4 3\)と表わせる。

トリアテラクシス

トリアテラクシス(tria-teraksys)は、ハイパーE表記を用いてE1#1#3と表せる数である。[1]矢印表記では\(10 \uparrow \uparrow \uparrow 3\)と表わせる。

出典

Advertisement